調べれば調べるほど日本の金融商品は買えなくなる…

みなさんの中で、海外の金融商品に投資したことがある方はいらっしゃいますでしょうか。

 

少し調べた方なら分かりますが、海外の金融商品を調べれば調べるほど、日本国内の商品はバカらしくて本当に買えなくなってしまいます。

 

・利回り

当然モノによりますが、海外では年複利で8-12%くらい、あるいは、それ以上を平均的に狙える商品がざらにあります。

 

・手数料

投資信託や積立型の商品などでは、運用と販売、それぞれに対する手数料が商品自体の利回りから差し引かれます。

当然ながら、この手数料が実質的な利回りを決めますので、中長期のパフォーマンスを決める大変重要なものです。

日本の商品は概して手数料で儲けようという設計のモノが多く、とても買う気になりません。

例えば、投資信託で海外比で10倍以上の場合も普通にありますし、良くCMに出る大手証券会社の積み立て型ラップファンドも海外商品比で手数料がべらぼうに高すぎて、とても結果が出せるとは思えません。

 

・活用の自由度

海外の金融商品の方が、圧倒的に購入者目線の設計をされています。

例えば、個人的に日本が最も遅れているのではないかと思う生命保険も、北米であれば、健康状態による柔軟かつ合理的な掛け金と保険金額(例えば健康な人は同じ保険金額で掛け金が大幅に安くなる)の設定、積立額から無利子で借り入れたり、担保にして融資を受けられたりするなど金融商品としての購入者メリットを高める工夫がされています。

(注:日本は個人で海外の生命保険に入ると、やや意味不明ですが法律に触れる場合があります!ので入る際は工夫が必要です。)

 

 

いずれのポイントも、国内では基本的な商品設計として、商品を買った人を儲けさせるのではなく、販売する大手の証券会社や銀行が儲ける構造になっていると思った方が良いです。

何か投資をする際には、ぜひ類似の商品で海外に良いものはないか?という視点は常に持っていただけたらと思います。

 

なお、国内では日本の金融商品ばかりが目に付くようになっているのには、当然日本の金融会社がマーケティングをしているから、というのもありますが、政府や日銀も含めた国全体の構造を維持するためというのが本当の理由です。

このあたりはとても深いので、またの機会にお話ししたいと思います。

 

 

価値ある記事と感じていただけましたら、クリックで応援よろしくお願いします!

全般ランキング

【無料動画】自由自在な人生をつくる投資のマインドと本質がわかるショートセミナー

投資セミナーで講演する八乙女暁

 

投資で本当に大切な『マインド』そして、シンプルな『本質』について、約80分間もの大ボリュームでお話しています。

 

過去、有料で開催した本セミナーの動画をいまなら無料でプレゼントしています。

 

あなたも投資で自由な時間が欲しくありませんか?

【無料PDF】投資の基本が1冊でわかるE-book

無料E-bookのイメージ

投資の「マインド」と「スキル」について、本当に大切なエッセンスだけを集めた無料PDFレポートです。

 

全9章、約70ページにわたって、投資の目標設定から、基本となる考え方、具体的な案件の評価方法...etc.まで、すべて大公開しています。

 

あなたも、私と一緒に最高のライフスタイルを手に入れませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

八乙女暁

Midas Minds LLC 代表 ジャストフィット投資法™ 専門家 八乙女暁(やおとめさとる) 投資家/経営コンサルタント/米国公認会計士 30歳で資産10億円以上を得て、セミリタイヤを達成。 その経験とノウハウを活かし、あなただけの自由な時間を手に入れる “ジャストフィット”投資法をみなさまにお教えしています。 時間/お金/場所の「制限ゼロ」の人生を送る仲間を増やしたい、 その夢に向かって、日々活動しています。 2019年7月に初の著書の出版を予定。